ファミリーゲレンデで楽しむフリースタイル。

■FAKIE
フェイキー
フェイキーは一言でいうと後ろ向きに滑るということです。ウインタースポーツでは「スイッチ」と呼ばれることもありますが、スクートの場合はスタンスをスイッチさせるというよりも見たまんま後ろ滑りなのでここでは「フェイキー」と呼ぶことにします。ただ後ろ向きに滑るだけでなく、自由にターンして思い通りにコントロールできれば楽しみも二倍に増えます。頑張ってモノにしましょう!

シークエンス
シークエンス写真です。真っ直ぐ滑るだけと思われがちなフェイキーですが、写真のように均等に左右のターンを行うことが出来ます。そして重要なのが、通常の滑走同様「カービング」と「ずらし」が出来るということです。それらをマスターすることによってスピードコントロールが可能になり、ターンの切り返し時に視界が見づらくなること以外は通常の滑走と同じように滑ることが出来ます。※最初はスピードコントロールが難しく、他のスキーヤーやボーダーに迷惑をかけるだけでなく危険に繋がることもあります。練習前に周りを確認してゆっくりとしたスピードで練習しましょう

カービング
フェイキーは「ずらし」よりもいきなりカービングから入ったほうが最初はコツをつかみやすいと思います。通常滑走時のカービングターンの感覚が分からないという人はまずそちらを重点的に練習しましょう。フェイキーでのカービングはまずゆっくりとしたスピードでフェイキーに入り、ターンする方向のエッジに荷重をかけます。しかし、それだけではなかなか曲がってくれません、そこでハンドルをターン方向に多めにきってやります。これによってフロントボードの先端に大きなプレッシャーがかかりターンのきっかけがつかみやすいと思います、もう一つのポイントは肩越しに滑走方向を見てやること。これによってターンの角付けが安定し、長い距離のターンがやりやすくなります。ターンを切り返すときは一旦ハンドルをもとに戻してやり逆の肩越しから滑走方向を見て、ハンドルも切り始めて次のターンにつないでやります。最終的にはハンドルを切らずに倒しこみのみでターンしたり、滑走方向を見てやらなくても自由に操れるようになります。

アドバイス
フェイキーは文章と写真で説明するのが難しく、僕もまだ完璧とは言えない為、中途半端になってしまいましたがとりあえず数をこなす。これしかない気もします、フェイキーといえばwhytetrash、SUNNのライダーでもある加藤選手が第一人者といえますが、誰もスクートでフェイキーが出来るなんて考えもしなかった数年前から地道に練習を重ね、現在はどちらが前なのかわからないぐらいのフェイキーマスターになっています。出来るかどうかわからないトリックを自分を信じて練習した加藤選手に比べれば少なくとも「スクートでフェイキーが出来る」という事実が分かっているだけでも大きなやる気に繋がりますね!しかしフェイキーは自転車のフェイキーと一緒で本当に地味な練習の繰り返しです。ある程度出来るようになるには1シーズンぐらいは費やすことになると思いますが、天気が悪かったりコンディションが悪いときでもいいので地道に練習してみてください。

TEXT,RIDER:KMN
PHOTO:TOSHI(OFFICE TT)
SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422