ファミリーゲレンデで楽しむフリースタイル。

■NOSE PRESS
ノーズプレス
ノーズプレスはトリックというよりも、スクートのノーズ荷重の限界が理解できる動きです。滑走スピードに慣れてきた中級者の方によく見られるのが「フロントボードの破損」です。これはフロントにどこまで荷重できるのかが理解できていない為、フロントボードが雪面やコブに刺さり割れてしまうことが多いのです。(転倒時に割れた。と思いがちですが、実際は転倒前でヒビが入っている場合も多いです)上手いライダーはフロントが落ち過ぎて危ない時は重心の移動等でリカバリーする為、危険を回避しています。ぜひフロント荷重に慣れ、安定したライディングを楽しんでください

プレス
まず止まった状態でいいので、ハンドルを地面に押し付けるように荷重してやります。少しヒジを曲げてやり前傾姿勢を取り、足を使ってストラップごとスクートをしゃくりあげてやります。ある程度高さが出て、フロントボードのしなりを少しでも感じれればグッドです。難しくないのでリフト待ちの時にでも練習してみましょう

プレス
プレス前とプレス中の比較写真です。スクートのリアは跳ね上がっているのに、頭の位置や腰の位置はあまり変化していないのがわかると思います。これはリアを上げた分だけヒザを曲げて重心を調整している為です。

ノーズ180
応用です。バニーホップ180の要領で片側のエッジにプレッシャーをかけて、フロントボードを支点に回ります。ベーシックな動きも発想と努力でどんどん進化していきます。

アドバイス
スクートの醍醐味の一つに「ノーズダイブ」があると思います。エアーのランディングはもちろんですが、フリーラン中もほとんどが「斜面」構成されているのがウインタースポーツ。斜面に対してスクートをジャストで着地させようと思うとフロント(ノーズ)側が下った状態になります、トリックを入れなくてもこの「着地面をあわせるノーズダイブ」はとても気持ちがいいものです。ぜひ楽しんでください!

TEXT,RIDER:KMN
PHOTO:TOSHI(OFFICE TT)
SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422