ファミリーゲレンデで楽しむフリースタイル。

■まず始めに。
ファミリーゲレンデで?
皆さん、スノースクートを楽しんでいますか?スクートが生まれてから早くも10年の歳月が流れてしまいました。滑っているだけで「あれなんだ?」と珍しがられることも減り、「目立ちたい!」とスクートを始めた方も一通り滑れるようにはなったけど、飛んだりするのは怖いし、、。とゲレンデに足を運ぶ回数も減ってきていませんか?今回は危ない思いや怖い思いをしなくても、いつも通り過ぎてしまうファミリーゲレンデでさらに滑りが楽しくなってなおかつイケてて自然に総合滑走能力も上がっちゃうような遊び方を提案しちゃいます

不安定なスポーツ?
スノースクートは滑り、楽しみ方において二面性を持っています。一つは「安定性」を求める滑り。高速で滑走したり荷重によって安定したターンを楽しんだりする「ウインタースポーツ」としての滑りを重視した楽しみ方です。もう一つは「不安定」だからこそできる滑り。ハンドル付きのスポーツとして見た場合スノースクートはかなりコンパクトな乗物です。フレームの全長からも分かるようにバイクやMTBのような安定感は少なくルーツがBMXであることを感じさせます。その視点で見た場合、普通に滑る分には広いボードが安定感を生んでくれていますが、実はちょっとした荷重や動きでバランスが崩れてしまう不安定なスポーツといえます、しかしいい替えれば滑り手の荷重や動き一つで様々な動きが出来るということです。

まずはやってみましょう!
自ら荷重をかけ、不安定な動きを作り出し、それをコントロールするということはスノースクートの荷重の限界を知ることにもなり、リカバリーや、総合滑走能力が必要なクロスレースのセクションのこなしにも必ず役に立ちます。なによりもいつもダラダラと滑ってしまうファミリーゲレンデを有効に使えるのが最高です。一本の滑りを大切にしながら楽しんでレベルアップしちゃいましょう

SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422