ニュージーランドでのフォトシューティングレポート

2001 SUMMER IN NZ RIDER
(L to R)

Ludo
フランス代表の元祖バックフリップ野郎。

KMN
今回のレポートを書いた日本を代表するダメライダー

JUN
東京生まれキャバクラ育ち。男気溢れるソウルライダー。クロスジャパンチャンピョン

ANTHONY
ビデオエバーサマーシリーズのエディター。自称ハーフ?

9/25  出発日前日

 昨日から母が入院した。去年の手術の検査..こんな時期に息子は海外へ。明るく「楽しんできてね」という母を見てちょっと涙目になる。いい写真をお土産にしようと誓う、まずは家族に感謝。今回の目的はメーカーカタログ用のフォトシューティングと02モデルのテスト、ついでにエバーサマーのネタも取れたらなあ..といった感じで南半球ニュージーランドへ向かう。

 本当は日本が誇るトップライダーガマンも行くはずだったが、ヤツは前日にMTBの大会で骨を折った。これだから牛乳飲まないやつはダメだ。BMX界の鬼飛び代表の名古屋のグアバさんも行くはずだったがグアバさんはパスポートを紛失した..生活自体がルーズ。これエクストリーマーの第一条件?

 出発前日でありながらお店がバタバタしていたり、業界もいろんなウワサが飛び交っているしアメリカじゃテロは起きるしでメチャクチャ...。まずはアンソニーと合流、多摩の駅でJUNを拾いジックジャパンへ。飯を食いつつ今回のコンセプトについて語る。そして新しいパウダースパイクをゲット!おそらく世界で初めてパウダースパイクをスクートで使ったのが僕(ちょっと自慢?)あれから数年、ここまで進化するとは、、最高に調子良さそう。皆撮影用のウエアやグローブを提供してもらうが、僕だけサイズが無くて昨年のウエアのままだった..でもダイネーゼのフリースはお気に入り。

9/26  慌ただしい準備そして成田

 当日の昼にもう一度ジックジャパンへ..しかし考えてみれば撮影用のスクートはどこだ!?そう、バラバラだった..フォークや板はもちろんヘッドセットすら圧入していない!というかいつも海外出発前はこんな感じだ。専用の圧入工具を使いテキパキと組むが試作のフォークや板も付けたいというワガママでフォークのコラムを切ったり、上下でベアリングメーカーを変えたりとほとんどワンオフのカスタムスクートが4台完成した。手伝ってくれたジックのリン君、ジュン君、マホ君、あと仕掛け人のケンさん本当にありがとう!

 現地で落ち合うルドのウエアも選び「気に入ってくれるかなー」とちょっと不安になる。渋滞に巻き込まれながらもギリギリ成田へ。先に待っていたJUNはほとんど中東のテロリストのような風貌だった。飛行機は空いていて一列使って寝た。

9/27  ニュージーはヒツジだらけだ!

 ニュージーでは北の島オークランドに着き、すぐさま南へ向かうクライストチャーチ便に乗り換える。空からはヒツジと牧草地しか見えず不安になる三人。「どこに雪があるというのだ!!」クライストチャーチでカメラマンのクリスと合流。アンソニーは以前撮影を共にしているので仲がいい、このクリスはマジで凄い人。ぜひネットで写真を見て欲しいね!

 空港からメインの拠点になるクイーンズタウンまでは車で6時間ほどらしく長いドライブ..マジでヒツジしかいなくて「この国の人々はどこに隠れているのだろう..」と本気で考えた。クイーンズタウンは観光地らしくお土産屋さんや飲食店、バーやカジノなどなんでもある。楽しそうな予感!夜の街を徘徊する不良ジャパニーズ三人組。夕食はマックぐらいしか空いておらずなぜか海外でマックを食う三人だった。


1/6 DAYS >NEXT DAY
SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422