ニュージーランドでのフォトシューティングレポート

8/10 (土)Mt.Hutt
TEXT:GMN
 
今日は朝一でMt.Hutt!天気もいい感じ。雪質もいい。ふかふかのパウダーではなかったけど怪我して以来の久しぶりの雪の感触で気持ちよく滑れたね。いい気分だ。

それにしても日本人の多いこと!客の半分は日本人って感じだったよ。スキーセンターの地べたに座ってるやつはみんな日本人だったね。土曜ということもあってかなり混んでたけど楽しく滑れたな。夕方、ルドをクライストチャーチまで迎えに行かなきゃならないから2時で切り上げた。ルドと合流してからクイーンズタウンへ車で移動。距離にして480km、約5時間。運転は僕。つかれたー!NZの道、ひたすらまっすぐって感じで動物がたくさん轢かれてた。

それと夜の移動だったから星がすごく綺麗で感動したよ。ホテルに着いてからカメラマンのクリスとも合流。とりあえず飲みに行った。

僕は疲れと眠さからすぐ帰ってきたがJUNとルドはカウンターの上で踊ってたな。

TEXT:JUN
 6:50に目覚ましをSetして目覚める。支度をして朝食を食べて8:00前に出発。天気はどんどん晴れ渡り、心をうきうきさせた。山をどんどん上っていくと、ちらほらと道路の脇に雪が見えてきた。周りの車は2駆の夏タイヤなので、チェーンを巻きはじめた。うちらは4駆だがタイヤがノーマルなのでちょっと心配。。。だが余裕でゲレンデまで到着!着いてみると空はとても曇っていて、なんで?という気持ちにさせられる。視界が悪い中何本か滑っていると、だんだん空が晴れてきて、すばらしい天気になった。そうなると、気分も乗ってきてビデオを回すのも忘れて滑りまくった。

ルドを迎えに行く為、14時には上がる。16:30頃にクライストチャーチに到着し、ルドの到着時刻が17時だというので、空港で待っていると、17時を過ぎても中々出てこない。するとケンさんから?がはいり、ルドは16時には到着していたらしい。探しに行くとルドは安堵の表情を見せて近寄ってきた。ここまでたどり着くのに4日もかかったらしい。彼は珍しく疲れきっていた。(あたりまえか)マックで腹ごしらえをすませ、いざクイーンズタウンへ出発。予定では5〜6時間の距離だ。いいペースで順調に進み21時頃にはクイーンズタウンに到着。

町に入る前にちょっと迷ったが(手前の町でさまよった)まずまずだった。ガーデンズ・パークロイヤルホテルという、高級ホテルにチェックイン。しばらくしてクリスがやってきて、久々の再会を喜んだ。今日は土曜日なので、みなで飲みに出かけた。明日の天気は悪くて多分滑れないと言うので、夜の町を楽しんだ。

ホテルに戻ったのは3時を過ぎていた。

8/11(日)雨
TEXT:GMN
 
今日はフリーなので昼まで寝てた。JUNとルドは3時まで寝てたらしい。二人が寝てる間クイーンズタウンの町を探索してきた。ここも日本人が多い。ってゆーか日本人に限らず観光客だらけ。他の国からもたくさん来てるみたいだね。こっちきてから天気がイマイチ。雨が降ったり止んだり。思ったよりは暖かい感じで雪降るのかなって思う。スキー場がクローズだったみたいだけど、明日は晴れるのかな?

滑りてー!夜はエッジをシェイプしてワックス入れた。明日が待ち遠しいぞー。

TEXT:JUN
 
朝クリスから連絡が入りやはり天気悪しだ。再び眠りに着く。15時に起床。シャワー浴びてするとルドが寄ってきて、いろいろな話をする(メーカーやサポートに対しての深い話しなので省略)夕方過ぎに、クリスがやってきて、レンタカーを空港に返しに行く。それから夕食を食いに行くが、どこも混んでいて、バーガーショップに入った。と言っても、ジャンクフード屋ではなくちゃんとした飯屋だ。ハンバーガーをナイフで食べるようなでかさで、そいつをむさぼった。みなはそのままホテルに戻り、おいらはmailをcheckした。ホテルに戻ると明日に備えてそれぞれ各自スクートのメンテをした。

そして寝た。

8月12日(月)ライディング初日?
TEXT:GMN
 今日からガッツリ撮影の予定なんだけど天気は雨・・・。7時には起きて準備してたけどクリスからの電話だと近くのスキー場はすべてクローズらしい。なんだかな・・・とりあえず二度寝して朝食を摂るも何もすることが無く、ルドはロビーでピアノを弾いてた。

あ、そうだ、クリスの写真を見せてもらったんだ。つーかこの人すごいね。写真がうまいのは当たり前なんだけど、なんつーか、躍動感溢れる写真で被写体が飛び出してくる感じって言ったらいいのかな?ただの綺麗な写真、良い写真っていうんじゃなく、うーん、写真が語りかけるってゆーか、説得力のある写真ばかりだった。被写体の質感、躍動感が堪らなかった。「カメラマン」じゃなく「写真家」なんだね。自分もいい写真を撮ってもらいたいと思ったよ。撮影に向けてテンションも上がってきた。

午後もすることなかったからバンジージャンプに行った。NZっていったらバンジー、ひつじ、ラグビーだからね。で、NZ初めてだし、もちろんバンジーも初めて!じゃあどうせだからって一番スゴイ所にした。NZで一番高い134m!!!!!!約8秒落ちる落ちる落ちる・・・こわかった。でもね、すげーおもしろかったね。ってゆーか怖い通り越して笑うしかない感じだったんだけど、飛び降りるまでの緊張感が今まで味わったことのない感覚で、今思うとそれがまた楽しかったりで、飛び降りたときも浮遊感、どこまで落ちるんだー!!って地面が近づくスリルが堪らなかった。

いやー、ほんとすごかった。楽しかった。今日はいい経験したなー。

TEXT:JUN
 
7:00にクリスから?が入る。すべての山はcloseだ。なんてこったい。。。そのままふて寝をする。9:30にもう一度?がなり、朝食がてらミーティングをする。ミーティングの後、クリスのコレクションをみなで見る。すばらしかった。後はフリータイムだ。いったん部屋にもどりおいらはうんこする。もどるとGMNはバンジーをしたいらしく、ルドと3人で雨の中予約をしに行った。GMNはどうせなら一番高い所から飛びたい!と言い、料金は約1万円した。

今回のおいらはメシ代もおしんで節約(1日一食)していたため、そのお金を使うわけにはいかなかった。悔しいがGMNの目指す場所はゴンドラから飛ぶ為、同行するにもお金がかかった。ルドはあっさり行かん!といい、おいらもどうしようか迷っていたら、GMNが出すから行こう!と言った。せこいやつと思われていると思うが、仕方がない。集合時間はpm2:00でそれまでそれまで町をぶらつき、時間をつぶす。時間通りにみな集合し、そこからバスで約50分のところにそれはあった。途中でバスを乗り換えなければならないくらい急は勾配を上っていった。見学者もジャンプ台まで行けるため、ハーネスをつけて一緒にゴンドラに乗り込む。おいらはビデオを回しながら、景色を見ていたが肉眼でみたら、ものすごい高さに笑ってしまった。何しろ134mもあるからだ。

重たいやつから順番に飛んで行き、GMNな最後のほうだった。リラックスしているようにも見えたが、いざジャンプ台に立つとやはり緊張しているようで、もっと前にと言われても、半歩づつしか出せないようだ。だが、最後は潔くいってくれた。何度かバウンドして安定したら、状態を元にもどすロープがあるのだが、それがうまく外れず、逆さのまま吊り上げられた。ちょっと辛そうだったが笑ってしまった。ごめんGMN。みな無事に終了し、GMN当初買う予定ではなかった、ビデオと写真を購入していた。いい記念だ。18:00に戻りクリスがやってきた。みなで食事だ。昨日行ったら満タンで入れなかった、ステーキ屋に行き、おいらはラムのステーキを食った。もちろん生生焼けでね。こいつはすこぶるうまさだ!った。夕食も食べ終わり、mailをcheckし部屋に戻る。

シャワーを浴びて、明日は晴れるのを願いながら、日記をつけて寝る。

NEXT DAY>



SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422