スノースクートの整備、メンテナンスについて
■仮面の面出しの謎
■実践編

 なにが問題なのかはもう分かったね?
いよいよ面出し作業に入る。くどいようだが「面出し」や「レベル調整」といわれるこの作業はスクートを持っている人だったら誰でも気軽に試すことが出来る。気楽に挑戦して欲しい。

ただ、なかなかお気に入りの調整が出来ないからといって必要以上にネジを締め込んではいけないよ。行き詰まったら一旦全てのナットを緩めてもう一度挑戦してみよう。面出しぐらいでお店の世話になって余計なお金を払うのはもったいない。高価なパーツに替える前にまず試してみよう。

誰だって出来る!難しいことなんて全然ないよ


■面出し作業
←じゃ、まずは「前後の面」を出してみよう。左の画像はスクートを横から見たところだね、リアもフロントもボードの後ろだけが接地している。この状態は非常によくある、なにも考えずに全てのネジを均等に締めるとこうなることが多いんだ、これじゃあワックスを塗ってもボードが雪面にくっつかないから意味が無いし、ターンのときもほとんどエッジが雪面に接しない。そこでAの部分のナットを締めてみよう、ここで大事なのは「前後の面」を出すときは横に並ぶ取り付けネジ二ヶ所を均等に締めることだ。
というわけでAの部分を二ヶ所締めてみた結果が左の画像だ。Aの部分が上に上がったのがわかると思う。相対的に見ればフロントボードのノーズ(前)側が下ったといえなくもない。この状態なら雪面でも随分マシに接地しそうじゃないかい?
じゃあ、「どういう状態が一番いいの?」というとこれも難しい問題だ。知っての通りスクートはあまり難しいスポーツではないし、機材で勝負する機材スポーツでもない。少しぐらいおかしなセッティングでも普通に滑れるし、友達のスクートだって慣れればスイスイ滑れる。そんな中で基本の一つとして覚えておいて損が無いのが左のセッティングだ。スノーボードやスキーのソール部分が緩いRを描いているようにスクートのフロントボードのノーズ部分とリアボードのテール部分を接地させるようにしてみた。ストラップに足を通してハンドルに荷重をかければキレイにボードがたわみ全ての面が接地する。この「たわんでいる感覚」っていうのは上達にも必要だよ
これがもう一つの基本セッティング。荷重のかけ方がマスターできていないビギナーや体重が軽い女性なんかはこっちのほうがいいかもね。もともと四ヶ所が接地しているからコントロール性にも優れる。まずはこのセッティングをしてみて徐々に自分の荷重ポイントを研究していこう。どれが正解ってわけじゃないし、雪質やその日の気分によって決めるぐらいの気持ちでいいよ
次は「横方向の面」を出そう。前後の面が出ても右と左の接地感がバラついているとあまり面白く無い。これはちょっと難しいけど、フロントボードの右前を接地させたかったらフロントボードの左後ろを締めたりするといい。なかなか完璧にはならないけど、ある程度均等になったらスクートの上に乗ってみよう。カタカタいわずに「ぐぐっ」と板がしなって全体的に接地していればオッケーだ。体重をかけるとフロントボードがちょっと横を向いたりするのは、まだバランスが悪い証拠だ。薄いものさしや紙をエッジと床の間に通してやるのもいい確認方法だね。どうしても接地しない部分があったりしたときはワッシャーを多めにいれて底上げしたり、ホームセンターでウレタンのパッドや薄いゴムを買ってきて挟んでみたりしよう。上手くいかなくても気を落とさないで!少なくとも以前よりはスクートの仕組みやターンの理屈がわかったろ?こうやって考えてセッティングしたり滑ったりして上達するのが楽しいんだ。もしもっと詳しく知りたかったり、「一度完璧にしてほしい!」なんて人はTOOLATEに連絡してくれ!助けてくれるはずだ。白馬店の連中なんてさらにセッティングにマニアックで俺なんかは逃げ出してさっさと滑りにいきたくなっちゃうよ。
TEXT BY 2000KAMEN

SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422