スノースクートの整備、メンテナンスについて
■スクート各部増し締め

■ステム

ハンドルバー固定部分は対角線上に均一に締めていく。上下のすき間が同じになるように!フォークを固定している部分も均一に締めていく。緩めるときも徐々に緩めるように。※ボルトにはグリスを塗っておくと焼き付きによるトラブルが防げます

■ストラップ

ストラップ固定ネジ。気がつくと緩んでいることがあるのでたまには増し締め。慌てて締めるとネジが斜めに入っていってネジ穴が壊れることもたまにあるので気をつけましょう

■ボード

スクートで一番緩みやすいネジです。特にリア側は緩みやすい!インサートボルト(板についているネジ)が緩んでいることもあるのでそのときはバラして締め直してやりましょう。(締めすぎ注意!>面出し)※インサートボルトは締めすぎると板の裏が膨らんでしまうことがあります。ネジロック剤を塗って板の底にネジが当たってから半回転ぐらいでやめておきましょう

SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422