スノースクートに挑戦!
いよいよ滑ってみます!
スケーティングは完璧?流れ止めはちゃんと付けた?それではいよいよ滑ってみましょう!

なだらかな斜面を真っ直ぐ滑る
なだらかな斜面に登って少し真っ直ぐ滑ってみよう。ハンドルは切らないで前を見てゆっくりと発進。大事なのは目線!しっかりと前を見てね。体が固まらないようにリラックスしよう、上の写真が正しい姿勢、ちゃんと体がスクートの真ん中にある。これが緊張したり怖がり過ぎると腰が引けちゃうので注意してね、腰が引けたまま滑るとスクートをコントロールするのが凄く難しくなる。怖かったらさらに緩やかな斜面でチャレンジ!楽しむ為に大事なのは「あ、スノースクートって以外に怖くないな」って思えることだよ。

ちなみにこれが悪い例。腰が引けて腕や足に力が入りっぱなしになると暴走しちゃうこともあるよ。上達の妨げにもなるので注意!

ターンに挑戦だ!
実際にターンしてみよう、平らなところか止まりそうなぐらいの斜面でスケーティングをして少し勢いをつけてスタート!両足をしっかりとストラップに入れたら曲がりたい方向に軽くハンドルを切ってみよう、最初は「曲がらない〜」って思うかもしれないけどここでのポイントはハンドルだけを切るんじゃなくて、体全体を使うこと。自転車もハンドル切っただけじゃ曲がらない。曲がりたい方向に目線を持っていけば首や肩も自然にそっちを向く(これが先行動作)何回かやっているうちに後ろのボード(リアボード)が「ズルズル〜〜」って横滑りしながらスクートが曲がりたい方向に向かっていけばオッケー!

1:曲がりたい方向を意識して目線をそっちに向ける
2:ハンドルを曲がりたい方向に軽く切ってやる
3:肩、腰、ヒザの順にターン方向に体を向けてやる
4:ターンの内側の足(内足)に少し力をいれてやる
4:ズルズル〜っとターン開始!

目線やハンドルの切り具合、内足の力の入れ具合で色んな大きさのターンができるよ!試してみよう。


止まり方
では次は止まり方。ターンの要領でリアボードをズルズル〜っとやってスクートが真横を向いたときに足の裏で踏ん張るようにして強く力を入れてやる。イメージとしてはスキーヤーが止まるときにとても良く似ているよ!思い通りに止まれるようになるまで、何回も練習しよう。

←ストップする直前。斜面に対して横を向いたときに内側のエッジにグッと力を入れる。


自由自在に操ろう
これで基本は終わり。なるべく天気の良い気持ちのいい日に楽しんでね!左右のターンが自由に出来るようなったら、次はいよいよリフトに乗ってみよう
PART 3リフト編>

RIDER:SHINYA MATSUYAMA
PHOTO:WATARU KOSHIYAMA (JYKK JAPAN)
TEXT:KMN
SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422