スノースクートのハンドルバーについて
ハンドルはもっとも重要なパーツの一つです。交換することにより全く違う乗り味に変化します。純正のハンドルがしっくりこないときはぜひ,交換やバーのカットなどに挑戦してみてください

なお、オンラインプロショップではシーズンのトレンドにあわせた最新ハンドルを取りそろえております。こちらもぜひご覧下さいませ。→  -ONLINE PRO SHOP-


ハンドルバーの基本

スノースクートに乗り慣れてきたら「もっと自分好み」の一台に仕上げていきたくなるものです。一番滑りに影響する部分、スクートに付いているハンドルバーを見直してみましょう。

まずはバーの重量 古いスクートのハンドルバーは1kgを越えるようなモノも。 2007年現在,最新のハンドルバーは600~700g時代に突入しています。300gハンドルが軽くなればまるでニューモデルに乗り換えたかのような取り回しやすさです。

続いて全体の幅 ハンドルバーは通常「幅は広め」に作られています。カットして使えるようになっているからです。スクートのルーツ,BMXでは肩幅ぐらいが標準なのですが、スノースクートの場合は不整地やコブ斜面などを滑る事も多く、押さえが利く幅広のほうが滑りやすいことも。「幅が広いな」と感じているのなら左右のパイプをまずは1センチから2センチほどパイプカッターや金ノコ、サンダー等でカット! また、トリックを決めるなら狭いほうが向いているでしょう。

ハンドルの高さ 分かっています!多くのビギナーの皆さんが「ハンドルを高くしたい」と思っている事を。慣れないと腰に負担がかかって疲れますよね,しかしどっしりとヒザを落として滑る事で多くの場合解決します、ぜひ試してみてください! また、体格的観点から見ても身長が大きい方は手も長いし,ハンドルバーの高さは体格にあまり関係はありません。ハンドルの高さの標準値は180mmから200mmほどです。これを基準に体の自由が利く高めのバーか、スクートとの一体感が得られやすい低めのバーか、滑りのスタイルにあわせて試してみてください

スイープ(曲げ角度) 上方向へのアップスイープと手前方向へのバックスイープ、基本的には何度か角度が付いていたほうが手首への負担が少なく、滑りのふんばりも聞きやすいです、アップスイープは0°から8°ぐらい、バックスイープは5°から12℃ぐらいが標準です。


ハンドルバーの形状について


素材について


色々試してみよう!
BMX、MTBにロードレーサー用、、どんなハンドルでも取り付け可能ですが、スクートの形状はBMXを基本に作られています。その時期の最新のBMXハンドルバーの流れがそのままスクートのハンドルバーの流行にも繋がっています。軽量で乗りやすいお気に入りのハンドルバーを色々試して見つけてみましょう

-ONLINE PRO SHOP-

SNOWSCOOT SITE JAPANESE ONLY SINCE_1998 late@toolate.net
(C) [TOOLATE] ZIP 930-0044 JAPAN TOYAMA CHUO DORI 2-2 TEL 076-425-5422